Facebook, Google+, Windows liveなどSNSは難しい。
記事の共有範囲

<自分>

分りやすいのは自分だけの設定。まあ、何を書いても安心だ。デフォルト設定は自分だけにしておくのが間違えない。

<公開>

これは友達関係が無くても見える記事。世界の何億が見ることが出来るのだから、インターネット上の公開に似ているが、決定的に違うのは実名公開。インターネット上で実名公開は殆ど無いことだから。匿名公開なら構わないことで、実名公開は問題を持つことが少なくない。

赤の他人から性格プロファイリングされてしまうような情報は出したくない。

<友達>

文字通り友達に公開する。友達の中を色分けするのは別手段が必要。

<カスタム>

個別設定が出来るやり方。しかし、殆ど使い物にならない?。リストを使うことで漸く使えるだろうか?。このリストがグーグル+のサークルの機能に相当するのでしょうね。

*


0 件のコメント:

コメントを投稿